先日、マレーシアの選挙が5月11日の予定と伝えましたが、その後、いろいろ有ったようで、結局、

5月5日

に行われることになりました。


マレーシアには、日本のような住民票の制度がありません。(住民票制度がある国の方が珍しいのですが・・・)

そこで、投票をするために、彼らは自分のIDカードを登録している場所(通常は、実家があるところ)に帰らないと投票ができないことになります。

例えば、サバ州やサラワク州で生まれ、今KLで働いている人で、自分のIDカードの届出をKLに変更していない人は、サバ州やサラワク州に「自費で」帰って投票することになります。

そんな状態だと、投票率がなかなか上がらないように思えますよねぇ。どうやっているのでしょう。今度調べてみようかな。


そして、今回の選挙では、なんと、バングラデシュからの外国人労働者にIDカードを発行しているとの話を聞きました。

なんでも、現政権が選挙で負けるのを恐れ、彼らにIDカードを発行し自分たちに票を入れてもらうのだとか。

そんな無茶ありえない!と思うのは、私だけでしょうか。

Related Entries

Post a comment

Private comment

PAGETOP